自 己 紹 介

はじめまして!

女性専用 スタジオ

 YOGAPRACTICスタジオFLOW /フロー  主宰者の hiroです。


大学卒業後はごくごく普通のOLとして、

母親として生活をしてきました。

そんなわたしがヨーガを始めたきっかけと、

ここまでの歩みについてお話させて頂きます。

IMG_7319.jpg

そもそもヨーガを始めたきっかけは、

闘病期間中の不自由な生活にありました。


頸椎ヘルニアのせいで横を向くことができず、

腕は伸ばせない、揺らせない。

腕時計の重みすら激痛に変わる中、

医者からも手の施しようがないと匙を投げられる始末。

西洋医学では無理なのならと救いを求めたのが 東洋医学。

わたしにとってはヨーガの世界でした。

初めてヨガスタジオへ足を運んだところ
「これは何か変われそう!」
という確かな実感が。

奥深いヨーガの世界を知るため、あちらこちらへとスタジオ巡りをしていく中出会ったのが呼吸法でした。

あぐらをかいて呼吸をしているだけ。
それだけなのに、悩みのタネだった姿勢は良くなる。


医師から匙を投げられたはずの体の痛みまで抜ける抜ける!

おまけに腹筋には線まで出来ました。


ヨーガの世界は呼吸だけではありません。みなさんご存知

yogaのポーズ(アーサナ)をとってこそのヨガ。

"Amba Stapleton女史"との出会い。

当時あのマドンナやデミ・ムーアたちを指導した、ハリウッドの

トップインストラクターの背骨に一目惚れしたことをキッカケに、

アーサナの世界にも飛び込んでいきました。

それ以来、私は「骨フェチ」です(笑)


彼女からはアーサナは勿論のこと、

インナーをもっと大事にする 素晴らしいインストラクターとしての

姿勢を学ぶことができました。

IMG_4737.jpg

※ お二人のHPはPCからでしたら日本語訳でご覧いただけます。

IMG_4739.jpg

ご本人やご主人の"Don Stapleton博士"ヨギーで教育学者)から

アーサナだけでは無く、呼吸法、インナー クエスト(inner quest)

プラナサージなども勉強させて頂き、

その中で『インナー クエスト』の指導資格を頂きました。

他にもジャカルタで素敵な先生たちとの出会い、

ニューヨーク、バリ島他で多くの経験を積みました。

たくさんの人と出会いと学び。

わたしのヨーガは今も 日々進歩しています。
その中で 己を見つめ直すことで人は生まれ変われるのです。

難しい呼吸をしたりポーズをとることがヨーガではありません。
姿勢や体系的な悩み、

激しい痛みのせいで起き上がることすら出来なかった私を

こんなにアクティブに変えてくれたのは

今日までの生活の全てにあります。

生活の全てはヨーガになります。
毎日を少しずつポジティブに変えられる。


そんなヨーガをセラピスト”として

貴女にお伝え出来たらと思っています

YOGAPRACTICスタジオFLOW MAP

FLOWへのマップ画像